さて、本日はシェイクスピア グローブ座にて観劇です。

28日にネットからチケットを押さえておいたので安心してお出かけ。
ちなみに、グローブ座は、オープンエアシアターの為、
夏期のみの営業となります。
(当時の劇場を再現しているのです)

基本は4月〜10月上旬まで。今年は10月9日まで、だったかな。
なので、本場のグローブ座を見たいという方は
渡英時期にお気をつけください。
もちろん、上演がないときにも見学は可能です。
(が、やっぱりみたいよねぇ)

ちなみに、私はそれを全然知らなくて、
飛行機の中で読んだ「地球の歩き方」に載っていて焦ったクチです。
 


「Cannon Street」駅で降りてテムズ川を渡ります。
今回は着物で観劇。
せっかく席をリザーブしたので、こぎれいにしていかないとね。

0930-01

こちらはサザーク・ブリッジからの景色。

サザーク・ブリッジを渡り、すぐの階段を下りれば良かったのだけれど
相変わらずざっくりとしか場所を確認しなかったため
グローブ座にたどり着けず(笑)


ブリッジの途中で、着物をほめてくれたおじいちゃんに
場所を聞けばよかったー、と思いつつ
テートモダンの建物が見えたので目星をつけて階段を下へ。

そのおじいちゃんが降りていった階段を
一緒に降りれば早かったということが判明(笑)

0930-020930-03


こちらがグローブ座でございます!
Box Officeの場所を確認してから、先にランチを。
せっかくの着物なのでレストランにでも入ろうかと思ったけれど
レストランが見つからない!!
仕方がないので、またしてもEATでサンドウィッチ。

0930-04

ちょっとかじっちゃったけれど(笑)本日のランチ。
水とサンドウィッチ(この間は量が多かったから少ない方にしてみた)で
2.67ポンドです。
こちらは食べ物が安い!
サンドウィッチばっかりだけどねw

EATの外の席からの景色はこちら。

0930-05


絶景哉、絶景哉。

食べた後グローブ座に戻る時に…

「レストラン」って文字を発見!!

ガ━━━━(゜Д゜)━━━━ン!!!!

ま、いっかー。
でもちょっと残念!

さて、いよいよチケットを交換。
ネットで予約をした場合必要なのは
・ブッキングリファラーナンバー
・決済をしたクレジットカード

の二つ。
危うくブッキングNOのメモを忘れるところでしたYO。

あとはそれをBox Officeに渡してサインをすればOK!
とってもスムーズです。

チケットを交換したら、あとは開場まで自由。
(出入りも自由)
先に交換してから、食事をするのもありかな。
ちなみに、場内のお食事処は日本同様ちょっとお高め。
あ、あと気をつけないとなのは開場が20分前くらいだということ(笑)
なので、早く行ってもあんまり意味ないです。

会場の作りは、Box Officeエリアとシアターエリアの二棟。
Box Officeエリアにはミュージアムショップとかもあります。

グローブ座の模型はこんなかんじ。
0930-06


ちなみに今回の私の席は、左上あたりです。


0930-07


こちらはお食事処のあたり。

0930-090930-08

列になっているのがBox Officeです。
そこに立方体のアクリルケースがありますが
それがさっきのグローブシアターの模型ですね。

0930-110930-10


こちらがシアターエリア。
ここのエリアには45分前にならないとオープンしません。
なので、暇つぶしをするにはグローブショップというミュージアムショップを見るか
何か食べるか、外に出るか、といったところ。

ちなみに、今回私の席には必要なかったのですが
少し安めの席には
0930-120930-13


こういったクッションの貸し出しがあります。
というか、これがないとぶっちゃけキツいw
左側の薄いものは、二つに折られた座席シートで
広げて座ると背もたれができるというものです。
なんと効率的!!! さすが英吉利(笑)

私も必要かと思って聞いてみると
「貴方の席にはクッションがついているから必要ないわよ」
的なことを言われました(たぶん)。

0930-14

ここの奥がお手洗いです。

0930-16

トイレの道がなんだか中世のお城みたい!!

トイレは入り口と出口が別れていて、
混雑の時にはとても効率が良かったです。

あ、ちなみにイギリスでは列は常にフォーク方式。
日本もだいぶそうだけれど、たまに空気を読まないおっさんが
それを無視するのに比べ、完全に皆がフォーク方式を
前提としているのが良いですな。

ミュージアムショップ(土産物屋)は
0930-15

こんな。土産物屋のくせに(?)かわいい!!!
ここでポストカードを買って、両親に送ってみました。

さて、シアターエリアがオープンしたので
入ってみます。

0930-17

こんな。背が高いところはBox Officeエリア。
swanってところは座ってお茶ができます。
人がいっぱいだったけれどね。
ほかにもサンドウィッチ(またか!)とか売ってます。

ここからさらに開場まで20分くらいまつことになります。長い〜〜〜。
着物を着ていたと言うこともあり
近くにいる人と話しやすかったり、
ゴージャス! って言われたりとなんだかちょっと良い気分♪

さて、開場。
私のチケットは東塔の二階です。
塔の入り口でチケットを見せると
「最初の扉をお入りなさい」的なことを言われます。
それを全員に丁寧にいっているんだからたいしたもんだわ。

最初の扉につくとまたしても案内のおばちゃんが。
チケットを見せたら、なんと「席まで案内するわ」とのこと!
他の人には口頭の説明なのに。
あれ? 英語がしゃべれないのがばれたのか!?
と思いつつついて行くことに。

なんとなんと!!

BOX席でした!!

うひょおおおおお。感激!


後でこのことをMegちゃんに言ったら
「着物だし、boxシートだし、でどこかの貴族のお嬢さんだと思われたんじゃない?」
と言われて、ちょっと調子に乗ってみたりして(笑)

この席を選んだのは、単純に私は背が低いので
前にイギリス人がいたら見えない! と思ったからなんだけどねー。
まさかbox席とは思わなかった(や、書いてあったんだろうけれど読めないからさ)。

0930-21

反対側のbox席。こんなかんじの場所です。

0930-180930-22

0930-190930-20

こちらからの眺めと、絵は、box席の後ろに描かれた物です。

0930-23

ちなみに三階まであります。

さて、時間になると演奏の方が登場してきました。

0930-240930-25

0930-260930-27

これがまた楽しい!
陽気な演奏会のスタート、と行った感じ。

0930-28

残念ながらちょっと柱がじゃまだけど。


一階のアリーナは立ち見席。舞台にかぶりつけるという特典付きで
元気なら安いしおすすめ◎

0930-290930-31

さて、いよいよ幕が開きます。
演奏の方たちはそのまま演奏しながら舞台二階へ。

私が見たのは「ウィンザーの陽気な婦人たち」です。
コメディ。とっても楽しかった〜。
ストーリーを知っているから、英語がわからずとも大丈夫!
そして
「えええええ、そこ笑うところ?!」
というタイミングで笑う外人(イギリス人だけではなく)。
うーむ。笑いのセンスが違うのよねw
でも役者の表情とか言っていること(多少はわかるのよ! ストーリー知ってるから)で同じところで笑ったりするとちょっと安心したりして(笑)

子役もとっても上手だし、やはり良い劇場ですなぁ。
(最後の方で、妖精に扮した子供がたくさん出てくるんだけれど、
 芝居中にきちんと役をもらっていた子がやはり一番上手だった)

あ、センターは西日が射すので、こんな帽子を配られていました。
紙製です。
0930-30

なんかかわいい(●´艸`)ヾ ウシシ

私はマチネに行ったんだけれど
0930-32

サス(簡単に言うと天井からの照明)のない中、どんな風に舞台が進むのか
いちどソワレも見てみたいなぁと思いました。

よし、次回は立ち見でソワレ?
残念ながら今回はもうタイミングがなさそうだけれど(´・ω・`)ショボン

ちなみに、上の写真の左にあるテラスぽい二階が
演奏者のいるところ。
日本のオペラのように生演奏している、と思ってもらえば
わかりやすいかな?

芝居中は役者がここにあがってきたりもするし、
奏者の演奏を役者が(演出上)ストップさせる、とか
そういったシーンもあって、楽しいです。

0930-33

シアターエリアの床にはおそらく役者の名前であろうものが
ほられていました。
一つ、シェイクスピアの名前の物も!!

帰りには「すてきな衣装ね」なんて声もかけてもらったりして♪
ちょこちょこ写真も撮られて、コミュニケーションも多くとれて、
viva! KIMONO!! ってなかんじ。
(着物を着ると写真を撮られるのは日本も同じだけれど)

シアターを出た後、せっかくなので有名な「ミレニアム・ブリッジ」を
渡ってみました。
Pくんが「揺れるからこわいZE★」(日本語訳、イメージ)といっていた通り
少し怖かったけれど、なかなか良い眺めでした。

ちなみに、そのミレニアム・ブリッジ側からみた
グローブ座はこちら。
こちらがシアターエリアの入り口ですな。

0930-35

(そこの男子! ちょっと邪魔だ!!)

0930-34


かわいい(●´艸`)ヾ ウシシ

0930-36

これはグローブ座のシアター見学ツアーの入り口。
シアター内の見学はこちらからどうぞ◎

さて、ミレニアム・ブリッジを渡ると、
すぐにセント・ポールが見えてきます。

0930-37

その途中にあったこちらはアーミースクールみたいです。
ハリポタに出てきそう!!

0930-380930-39

セント・ポール大聖堂はこちら。
今日は遅くなったので、中の見学はまた今度。

Megちゃんと合流してから帰ろうと思い、
彼女の終業時間までウロウロ。

0930-40

隙間から見るセントポールもちょっとかわいい★

本当は、バスで帰ろうかとも思ったけれど
バス停が見つからない!!!

なんかね、日本だと往復のバスってたいてい平行して走ってるじゃない?
でもここじゃどうにも一筆書きとか、別ルートで
往復しているぽくて(笑)
ちゃんと乗り場確認すれば良いだけの話ですけれどねw
「あー、8番のバス走ってる! でも逆側!!」
的な感じなのよヽ(*´・∀・)人(・∀・`*)ノ ネー

無事Megちゃんと合流し、帰宅。


0930-41

イギリスぽいところでパチリ。

0930-42


若干お端折失敗していますが
わかりゃしないだろうと気にせず。


次はファントムが見たいなぁ。
※ちなみに、box席だけれど、値段は29ポンドとお安め。
 ブッキングフィーとギフト(募金)もしたのでトータルで32ポンド。
 それでも日本で見るより格段に安い!!


さらに今日は、大きなTESCOに、食後、車で行きました。
とにかく肉が安いし、野菜も安いし、感動もので
一人テンションあがりっぱなしでした◎

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    ki84
  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    うつみ

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM