カンタベリーってご存じですか?

カンタベリー物語とか、聞いたことあるかも?


私が通っていた、中高は、
日本聖公会というキリスト教の学校でした。

で、それは何かというと、英国国教会というものなのです。
昔のイギリスの王様がね、離婚したくて(カトリックは離婚できない)カトリックから独立して
国王が一番えらいの、ということで確立した(いや、本当はいろいろあるんだけど)
宗派なんですが、その総本山がこのカンタベリーにあるのです。

別段クリスチャンというわけではないのですが
中高六年間毎朝の礼拝と毎週の聖書の授業というのは
思っているよりも体にしみこんでいるもので
行きたい! と思っちゃったわけですYO!!!
 


そんなわけで、イギリス到着最初の週末は
Megちゃんと旦那様のPくんにカンタベリーに
連れて行っていただきました♪


さて、イギリスっていうところは、どうにもトイレ事情が
あまりよろしくないらしく、
Megちゃんによると地下鉄の駅にも
トイレがあるところとないところがあるし、
カフェなのにトイレがないところも!!!
日本では考えられない、というよりも
日本人のトイレに対する固執がよくわかる感じ(笑)

で、今まではチップの必要ないトイレばかりだったのですが

1002-02

ついに!!
ついにキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

チップ制のトイレットでございます。
こちら、20ペンスを崩す両替機。
20ペンスコインしかでてこないから
うっかり50ペンスコインを入れると
あと10ペンス追加しないと満額でてこない
という驚異のシステム。

1002-03

このゲートにコインを入れます。

1002-01

中はきれい。
ちなみに、20ペンスはだいたい30円くらいかな。


閑話休題。


いよいよカンタベリー大聖堂へ。

大聖堂とは、主教座のある教会のことです。
(主教座とは、主教が執務する場所のこと。カトリックでは司祭座といいます)

1002-10


ばばん!!

おおおおおお、美しい。

中に入ってみます。


撮影を許可されていたので、パチリ。


1002-131002-23

1002-301002-33



こちらは聖歌隊の席と、聖歌集。

1002-371002-36



聖堂入ってすぐの正面はこちら!

1002-141002-15


聖歌隊の横で撮ってもらいました(笑)

1002-38


1002-321002-40

どこもかしこも見ほれてしまいます。

1002-41


天井をみると吸い込まれそう。

牧師様とお話ができました。
(※司式をする司祭の呼称は聖公会では牧師、もしくは先生)
アングリカンチャーチ(聖公会)の日本にあるSt.●●'s School(母校の英語名)に
通っていたんだ、という話をしたら
うれしそうに歓迎してくれました(いや、まぁ皆を歓迎してくれるから
関係ないんだろうけどさ)。
そういえば昔カンタベリーの主教からのお言葉が届いたりしてたな、
なんか式典の時に。なんて思い出してみたり(笑)


1002-43

パティオに通じる回廊。

1002-481002-50

とってもすてき!!

1002-441002-45


MegちゃんとPくん、そして私。

1002-53

さらに回廊を抜けると…(右の二人のシルエットはMegちゃんとPくん)

1002-551002-56


こんなに明るい回廊に!
右の写真は、天井です。



1002-60

本当にすばらしい教会でした。

ちょうど12時の鐘が鳴り、礼拝が始まりました。
次回来ることがあれば、礼拝を受けたいと思います。



その後はカンタベリーの街を散策。
かわいいショップがたくさんで、
日本で言うところの門前町といった風情。
まぁ大巡礼地だから然るべき、といったところかな。

1002-631002-74

こんなかわいい街並みが!!

1002-72


川があったり……

1002-76


床屋があったり……


のどが渇いたので三人でtea time◎

1002-751002-73


ハーブ&フルーツティー。
こちらは日本みたいにケチケチ(?)していないので
約2ポンドで三杯以上飲めちゃいます(笑)

1002-801002-79

これがウエストゲート。西門です。(まんまだ)


ぐるりとカンタベリーを見て、
さよなら、を言います。

1002-82

世界の去りゆく車窓から。


1002-851002-86

聖アウグスティヌス修道院跡。



まさに巡礼気分のカンタベリー。
きっと我が軍にも勝利をもたらしてくれることでしょう!!!
※私はJリーグのサポーターをしているのです……


1002-57







帰宅後は、X factorを見てました(笑)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    ki84
  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    うつみ

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM