気づけばイギリス10日目。


思い返せば結構主要なポイントは見ているじゃないか!
と自分で自分をほめてみたりして(笑)


そこで、今日はヴァッキンガム宮殿の衛兵の交代式を見に行くことに。

おお! 観光ぽい!!!(笑)


この季節は一日おきに交代式が開催され、
10月は偶数の日が開催の日です。
11:15くらいからスタートするようなので
まずは「Victoria」駅へ。


駅を降りたらすぐに
「ヴァッキンガム宮殿はあっちよん」
という看板があるので、それを目当てにとにかく歩く。
途中不安になりながらも、人も増え、それっぽい門が!


庭掃除のおじさんに、交代式はあそこ? と聞くと
そうだよん、と答えてくれたので、該当エリアへ。
 


広場がよく見える良い場所ゲット!



 

1006-01



音楽が聞こえてくる。
音楽は聞こえども姿は見えず。まるでディズニーランドのパレードのようだw


で、ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


すごい!
おおおおお!!!



1006-021006-03

 


あ、あれ?


1006-04

 

門の中へ……

 




通りすぎてっタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!





よ、よもや、門の中で交代式?!

うっかり広場でやるもんだと思っていたよー。


しかし門の中が見える場所はもう人で埋め尽くされ、
しかもでかい外人だらけ。

子供のフリして中に突入しようと思ったけれど、
本当の子供すら前に入れてもらえない様子。
だめだー。

1006-05


おっさんの頭がにくいZE★


今日は中は諦めて次回、このポジションをゲットしよう。
そう心に決めて、とりあえず、交代式の流れを把握すべく
再び広場のよく見えるポジションへ。


すると中からなにやらスターウォーズの音楽が(笑)


(*´・д・)(・д・`*)エー





なんでアメリカ?www


と、思っていたらそう思っていたのは私だけではないようで
隣にいた日本人二人組もそんな話を。

曲はダースベイダーの曲に変わり……
二人組の一人が
「この曲なんだっけー」
と思い出せないようなので、ついつい
「ダースベイダーですよ」
なんて口を出してしまいました。

だって、きっと彼、このままじゃあ思い出せなくて気持ち悪い思いを(笑)


何度か衛兵が入っていき、

そして最後、出てきました!!!



1006-061006-07

 

うむ。流れはわかった!

次回はあっちに場所取りだ!!!



朝は降っていた雨はあがりきれいな青空に。
この天気の変わり具合がロンドンだわ!!
写真左側の門の中が、女王陛下がいらっしゃるヴァッキンガム宮殿。

1006-091006-08



仲良くなった二人組と記念写真を撮り
(カップルではないそうで、キャンプをして
 ギリシアからバスで移動という旅行で知り合ったそうです)
笑顔でバイバイ。


1006-111006-10



次の目的地はバンケティングハウス!!

ここはなんとルーベンスの天井画があるのです。


ルーベンスといえば思い出すのは
フランダースの犬!
Pくんに「明日はどこにいくの?」と聞かれたときに
「バンケティングハウス! そこはルーベンスの絵があるのよ。
 ”フランダースの犬”っていう国民的アニメで
 日本人は皆ルーベンスを知っているのよ」
と危うい情報を吹き込んでおきました(笑)←あながち間違っていないと思う

バンケティングハウスは、ウエストミンスターの方だけれど
余裕で歩ける距離。
公園を散策しながら、楽しく向かいます。


1006-151006-12

1006-141006-13



公園ではリスと戯れてみたり。
(でもこのリス、外来種なんだって(*´・ω・)人(・ω・`*)ネー)



途中、写真を撮って、と同じく一人旅の外人に頼まれました。
撮ってあげたら「アーユージャパニーズ?」と聞かれたので
「イエス」と答えたら、少し迷った後
「さようなら」
と日本語で伝えてくれました。
こういうの、すごく素敵だね。

1006-161006-17

1006-191006-18

1006-22



一枚目が首相官邸……かな?

と、ホース・ガーズ・パレードとホーズ・ガーズ。

こちらにも衛兵さんがいます。
かっちょE。



1006-201006-21

 

ここを抜けて、バンケティングハウスへ!


1006-23



入館料は4.5ポンド。
国からの援助は受けていない独立法人なので、
入館料で、ルーベンスの絵を守っているそうです。


1006-24

入ってすぐの広間。
この右奥でビデオが流れています。

ちなみにここのトイレは超きれいです。料金を払う前の場所にあるので
どうしても我慢できない場合は……。

1006-251006-26

 

そして、ここはがらがら!!!


二階に入ってその空きっぷりにも感動(笑)


はい。
入りますよ。
よござんすか?




よござんすね?




ババーン!!

1006-29



すごい!!!!
大広間ってかんじでしょ!

ちなみにこちらが玉座。

1006-28



日本語ガイドを聞きながら
ベンチソファに横になり、天井画を見ます。



1006-30


あぁ、幸せ。

 

なんとルーベンスの絵が、本来あるべき場所で見られるのは
このバンケティングハウスのみだそうで。

それはまた、格別なことだと思う。

長い歴史の中で、賢帝の息子が愚帝だったことは
数多くあるかと思うけれど、このバンケティングハウスの
当時の主もまたそうだった。


そして、彼はクーデターにより、王族であるにもかかわらず
罪人が処刑されるのと同じ形状で首をはねられた。
この、バンケティングハウスの前で。
そのときの首謀者がやがて王位につき、
(クロムウェル)しばしの間だけ、ウエストミンスター寺院へと
埋葬される。
そしてその後、王権が王家の元へ戻ると
そのクロムウェル遺体は掘り起こされ、四半世紀もの間晒された。
──ものすごい執念だな。晒されたものを見る英国人はどんな気分だったんだろ……。
ウエストミンスター寺院には、クロムウェルの
名前だけが刻まれた石が床板に残っています。
※クロムウェルはジェントリの出身。ジェントリは貴族ではなく
 男爵の下位に相当するが、上流階級を構成する立場ではあった。
 つまり、クーデターではあるが、民衆による転覆というわけではなかった。


この天井画は全てをみてきたのですね。

1006-31



今回のイギリス旅行のテーマは
「芸術と出会う」なので
今のところかなりの割合で達成中(笑)


満喫したところで、次はセントポールへ行って
夕方の礼拝に参加することに。

手元のマップを見ると歩いていけそう。


が。


これが誤りだった(笑)



よくわからないけれど、とりあえず勘で歩きつつ
街を楽しみます。
楽しんでる模様をしばしお届け。

1006-321006-33


あ、イギリスってなぜだか「3 for 2」が多い。
3つで2つの値段。
いや、いいから! とりあえずその分安くして! みたいな(笑)
(テレビショッピングでよくあるよね)

1006-341006-35

1006-361006-37

タクシーもなんだかかわいい◎
ぼったくられるのが怖くて乗れませんが。

しばらく歩いて空腹を感じたので、
TESCOのミールセット(サンドウィッチ+スナック+ドリンクで2ポンド)を購入。
スナックはフルーツでもOKなんだけれど
無性にポテトチップスが食べたくなりスナックに。
(まぁ後ですぐに後悔したんだけれどね)

ナショナルミュージアムを横目に
目的地へ向かいます。

途中できれいな公園を発見し、
そこでお食事〜。

1006-38


卓球台がふつーにおいてあって。

1006-39

ふつーにプレイしています(笑)




サンドウィッチを食べながらベンチの隣のお兄さんと
のどかに話をしていた、このときは幸せだった。

1006-40


と、後で思うことに(笑)




ふらふら歩いていると
「JUBILEE MARKET HALL」
なんて文字が!
おおっ、マーケット♪


1006-411006-42


いそいそと中に入ると
なんだかアメ横みたい。

いまいち興味のあるものがなく
そのまま出てみると…!!

Covent Garden!!

1006-43


おおお、こんなところに◎

来てみたかったところだったので
ついでにのぞいてみる。

と、そのとき時計を見てみると3時40分。
おおっと。
セントポールの最後の受付時間は4時なので
(礼拝は5時から)いそがなくちゃ。


手元の地図ではセントポールはすぐ横。

いそいそ。


あれ?


そういえば、何度も見ている景色と違う…よなぁ。

超目立つ塔もないし……



1006-44








あれ?

( ゚д゚)
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚)
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚ Д゚) …?!
(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ
(  д )
     
(; Д ) !
(; Д )カオカオカオカオ

つ゚  ゚
(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ
(;゚ Д゚)


1006-44








違う?!



私の知っているセントポールじゃない!!!







地図を見る。








「セントポールチャーチ」




あれ?


もう一度門を見る。


1006-45


私の行こうとしていたのは


「セントポールカテドラル」





あいやー。

同姓同名でしたかっ!!!←失礼


もう時間的には間に合わないし、
この教会も素敵だし、何かのご縁ということで
今日はセントポール教会におじゃますることにしました◎


ってか、どうしてまったく気づかなかったのか謎ですわ。





セントポール教会を満喫し、
とりあえずナショナルギャラリーへ向かうことに。

小腹が空いたときに、なんと!

1006-461006-47

寿司バー発見! しかむ「さむらい」(笑)
これは入るしかないでしょう。

1006-491006-48

(許可を取って撮影しています)

とりあえずアボカド巻きを買ってみる。50セント。(70円くらいかな)

1006-501006-51


ここで食べるといったらお醤油をくれました。

味はまぁ許容範囲。ありですな。

しかし。


1006-52


うどん高ぇよ!!!(笑)


さて、再度ナショナルギャラリーへ向かいます。

1006-531006-54


こちらはイングリッシュオペラなんちゃら(うろ覚え)。

1006-55


ロンドンのバスは縦長のものもある。

1006-561006-57

はいきた! キタコレ、ナショナルギャラリー!!

閉館まで2時間を切っていたので、オーディオガイドを借りずにちらっとみることに。

やっぱりね。良いですね。
ゴッホのひまわりとかも見まして。
改めてオーディオガイドを借りて後日来ることにしました。
感想はまた改めてそのときに。

閉館の六時ちょい前になったので、家路へ向かいます。



適当に道を歩いていると、
かわいいお店発見!

しかし明日からフィンランド。
お買い物は帰国(?)してからにしようと、
店の場所を確認するために店員さんに
えくすきゅーずみー、と話しかけると……

「日本人の……方、ですよね?」


日本人キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!


よかった、店員さん日本人で。



場所を確認し、いそいそと外へ。

このときに最寄りの地下鉄に乗っていれば良かったのに、
ラッシュの人混みに日和ってしまい
別の駅を目指し始めたのが全てのはじまり(笑)


最初はね。
余裕があったんです。

1006-581006-59


こんな写真撮るくらいだから。


でも。

1006-60


だんだん暗くなって、

1006-61


道もわからず、で
不安ではないんだけれど、Megちゃんに
連絡しないと心配させるかなぁ、でも携帯ないし(笑)公衆電話もない!
と、ちょっと焦る。

王立のなんか建物の横を出ると
テンプル駅を通り過ぎたことが判明。
でも、戻るのはなぁ、と思って次の駅を目指し……


ああああああっ!


次の駅は工事中で廃止になっていたんだった!!

大後悔(笑)



必死に二駅先まで歩き、ようやくマンションハウスという駅で
電車に乗れました。


ちなみにこのマンションハウス、セントポールカテドラルの
すぐ近くです(笑)

図らずもそういうことに。



あれね。
思いこみはよくないわね。
最近おおいのよねぇ。



本日の一枚。

1006-62

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    ki84
  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    うつみ

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM