今日は朝早くから家を出て、くまのプーさんの故郷、
「Hartfield」へ。

ヴィクトリア駅からの電車でイーストグリンステッドという
駅へ向かうので、切符を窓口で。

 

事前にナショナルレールのサイトで調べても出てこなかった
「Cheap Day Return」のチケットをダメ元で
窓口でオーダー。




あっさり買えちゃった(笑)



メモ帳にスペルを書いておいて
見せながら窓口で、ダメ元で言ってみたの。

普通にヴィクトリアからイーストグリンステッドまで買うと
片道9ポンドちょいするんだけれど、
このチケットなら、なんと11.9ポンドで、オフピーク(9:30〜16:30くらい?)時間、
半径80キロ以内エリアであれば往復使える
という便利チケット。

ほぼ片道分じゃ〜ん!!!


で、9:30以降の電車が9:50頃にあったので
それまでに腹ごしらえ!
イギリスの伝統的朝食をいただいてみました。

1019-01

こちら!
なんとこれで3.2ポンド! 安っ!!!
焼いたトマト、美味しかったー◎

満腹になったところで、9:40。
そろそろ電車も来ているかな、とホームへ。

1019-02


こちらが今回のナショナルレールの車体。
田舎町に行くのにぴったりのかわいらしい電車!!

1019-031019-04


不思議なことに、同じ車両に「Firstclass」の席がある。
見てみたけれど、ほとんどかわらない。

時間になり、ゆっくり電車が動き出し、いざハートフィールドへ!!!

1019-05


こちらが今回のチケット。
行きのチケットと、帰りのチケットにわかれている。



一時間ほど電車に揺られて

1019-06


やってまいりました! East Grinstead駅〜〜〜♪




が。



ここからHartfield行きのバスに乗るのだけれど
なんと……

1019-07



45分後orz




もう一本後の電車の方がぴったりでした。




ま、駅の近くなので大きなスーパーもあるし
ちょっくらお買い物でもしてランチをゲットしておくとするか〜。

1019-08


スタバもあった。

フランスでハマってしまったパン・オ・ショコラとお水。
しめて1.5ポンドくらいだったかな。安いランチ。
1019-09

スーパーから出て、バス停に戻ったら
日本人の女の子が一人。
同じ場所にいくのかな〜、と思いながらも様子見。

この写真を撮ったりしていたらバスが。

バスの運転手に
「あい うぉんと とー ごー とー はーとふぃーるど」
と、中学生の時に習ったような英語で伝えると
「あと3分後にくる電車に乗んな!」
的なことを言われる。

工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェΣ(゜Д゜ノ)ノ

だってこのバスの番号じゃん!

と、思いつつも、素直に従う←理由を聞けるほど英語力はない(というよりそもそも英語力は皆無だが)

しかし3分後にもバスはこない。
さっきの日本人女子はどこかへ消えた。

ううむ。ミステリー(笑)


さらに数分待つと、さっきのバスと同じ番号のバスが来たので
同じことを言うと、今度は
「こっちに戻ってくるの?」
そう聞かれた。
「もどってくるよ、今日」
というと、往復チケット(3ポンドちょい?)を出してくれた。
たぶんちょっと安い。おそらく。
チケットというよりも、レシートでこれが支払い済みの証に。
なので、帰りまで持っていないとだめなの。なくさないように!


1019-10


バスの中は普通ね。
向かい合わせの席。
最初に向かいに座ったおじいさんが降りるときには
笑顔で挨拶してくれた。
次に座ったおばあちゃんは、
挨拶に応えてくれなかったなー、と思ったら
降りた後こちらを見て、手を振ってくれた!
こういうのって嬉しいね。

あ、ちなみにこのあたりまで来ると
ほとんど白人、純えげれす人って感じです。


このバスに揺られること30分。


1019-11


キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!



Hartfieldです!!

1019-121019-13

田舎町って感じ♪

1019-14

こちらが、プーさんファンの聖地「POOH CORNER」。

なんと、この入り口にさっきの日本人女子が!!

工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェΣ(゜Д゜ノ)ノ

いっ、いつの間に?!

ううん、ミステリー。


中はおみやげ物屋さんになっている。
さっきの女子に話しかけてみた(よっぽど気になっていたらしい)

「どうやってここへ?」
「あ、タクシーで。もう待ってらんなくって」

なるほど。

彼女はそのままお買い物。
私は、というと……カフェもある。ので。

1019-15


スコーン食べてみた。
美味しかった。


食後、お店を出て、帰りのバスの時間をチェック。

ちょwww




14:55のあと、15:00台がないんですがwww


それ以降だとオフピークチケット使えなくなる可能性があるので、
この時間のバスで帰るしかないなー。

1019-161019-17

1019-181019-19


田舎町をポテポテ歩きながら、
手元の地図を見て「プーの橋」まで歩くことに。

1019-20


こちらは旧郵便局。

1019-21


家とか庭がいちいちかわいい◎


と、さっきの女子がバス停の方から歩いてくるではないか!


どうしたのかと思ったら、
プーの橋を探していたけれど、道を間違えて
逆方向に行ってしまった模様。

私、地図があるよ、ということで
二人旅になりまして。

二股の道も、たぶんこっちじゃね? なんて言いながら
歩いて、これっぽいが本当か? という道を発見!!

いぶかしんでいたら、その道を掃除しているおじさんが
「プー行くならここであっているよ」
的なことを言ってくれた!!!

ヽ(´∀`)ノワーイ

言われたとおり、その道を進むと……

1019-22


おおおおおお!!!


日本語(笑)


1019-23

わかるかな。鍵がプーさん。
ここを超えていくのです。

1019-24


すっごく気持ちの良さそうな道だ!!!

1019-251019-26

あっ! お馬さん!!

1019-271019-28

なんでこの子だけカバー(上の写真の赤いヤツね)かけてないのかしら。
近づいても全然動じず、シャッター切るまでじっとしててくれました。
わかっている子(*´・ω・)人(・ω・`*)ネー

さらに奥に。

1019-29

なんだか小さいときの冒険みたい!

1019-30

「この道で良いのかしら?」
と、不安になる頃、きっちり登場するフットパス。
こちらの気持ちをわかっているのか?!

1019-311019-32

1019-331019-34


右側の写真。奥に柵があるの、見えるかな。
こういう柵が何度もあって、そこを通り抜けていくの。
扉になってる。


1019-35

フランスの帰りも思ったんだけれど、
大きな山があまりない(丘はあるけれど)からか
地平線が見えるんだよね、こっちって。

そして次の柵……と、思ったら

1019-36

んんん?!

こ、これはもしや、
俺の屍を超えていけ
この柵を乗り越えて行け、系?

一緒にいた日本人女子も
「これって乗り越え系ですよね?」
と笑ってる。

そうそう、彼女は大学四年生の留学生。
12月までこちらにいるそう。

バス停にいた私を見て
地元にいる日本人だと思ったみたい。
パンと水を手にしていたからか!?



この柵を越えたら……

1019-371019-38

1019-391019-40


こんな大平原が待っていた!

奥に見える森が100エーカーの森。
あちらはさすがに遠いので自動車じゃないと無理。
こういう時に免許が欲しくなるわぁ。

緑の絨毯の右側、なんとなく道ができているのがわかる?

ここ、緩やかな坂なんだけれど
その先にはまたしても、乗り越え系の坂。

1019-41


乗り越えてみた(笑)

1019-42


まるでトトロが出てきそうな道。

あれ?

1019-43


どなたかのお家かしら?


1019-44


あ、矢印だったのね◎
リスさんが住んでいそう!!!

1019-451019-46

ついに!!

橋が見えたー!!!


1019-47

説明書きにプーさんの橋ってかいてある!!

1019-48


一人じゃないと写真を撮ってもらえるね♪

1019-491019-50

1019-511019-52

ここの橋は、プーさんが橋の上流側から小枝を落として、
橋の逆側から出てきた小枝に
「おかしいな、僕はあっちから落としたはずなのに、こっちから出てきたぞ」
と言った場所。

静かで、平日だからか私たち以外誰もいなくて
気持ちがとっても良かったです。

しばらくここでスケッチをして、
二人で戻ることに。

1019-531019-58

少し戻ると、
お家のお庭に、あこがれの木の枝からブランコ、が!

これ、絵本とか漫画とか童話とかでは見たことあるけれど
生ではなかなか見ない!

しかも、このイギリスの風景に溶け込みすぎ(笑)

1019-57


さっきの平原に抜ける扉。


1019-54


この平原と青い空を見て、
思わず寝ころんだ私たち。

1019-55

緑が覆い被さってきそう!!

1019-56


空が青くて泣けてくる。

1019-591019-60

1019-661019-67




虫の目線になってみたり。

1019-61

雲にのって旅をしてみたくなったり。

1019-62


このなんとなく道ができている丘を登っていく。

1019-63


振り返ると俺がいるずいぶん登ってきたのがわかる。
段ボールでザザーってしたい!!

1019-651019-68


歩いている道々にベリーの実とかがあるので
ちょこちょこおやつ代わりに食べる二人。

1019-64

なつかしいでしょ? オンコの実。
小さい頃よく食べたわー。

こうして歩きながら、実を食べていると
「小学校の下校途中みたいだね」
なんて話が自然に。

子供の頃はこうして
いろんなものを口にしながら、遊びながら
家に帰ったなぁ、と懐かしく。

途中日本人の声が聞こえたと思ったら、
私たちが最初に不安に思った地点に
日本人女子三人組が!!

「こっちの道であってますよー。結構先だけれど、フットパスがあります」
と、伝えたら三人とも
「よかったー」
なんてほっとしていた。
手元にはプーコーナーで1.5ポンドで売っていた地図。
買おうか迷って、結局買わなかったけれど、
役に立っていなさそうなので、買わなくて正解かも。

最初のゲートに到着し、一般道へ。

1019-70


こんな自動車も田舎町にあると妙にかわいらしく見える◎

ここからバスに乗り、イーストグリンステッド駅へ。

1019-69


さらばハートフィールド。
次回は自動車で来たいな。

彼女もヴィクトリア駅まで行くので
電車も一緒に。

やっぱり旅は道連れ、一人より二人の方が楽しいね。

そうそうランチで買ったパン、
スコーンを食べてたので、残ってたから車内で食べました。


1019-71


車内から虹が。


明日も良いことありますように◎


1019-731019-72


今日のお土産。
森の中の自然を少しわけてもらってきました◎

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    ki84
  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    うつみ

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM