ほぼ英語を話せない状況でイギリスに一ヶ月いた私。

まったまた〜、話せないっていったってそこそこ出来るんでしょ?


な〜んて思っていませんか?

 


ぶっちゃけマジ話せません!!!
どのくらい英語がだめかというと、
一番英語できたと思われる学生の頃、
英語の受験は無理だと感じ、国語のみの受験大学を選択するくらいです。


ただね、逆に全く話せないので、
文法をきちんとしようとか思わず、話しかけられました。
それは良かったなぁと思います。

伝えたいという気持ちだけは満々に持っていますからね!!!
(誇らしげに言うところではない)


で、そんな私がエゲレスとメリケンに行って気づいた
「へぇ、こんな違いがあるんだ」という英語の違い。


★電車に乗っていると……

初めてエゲレスに行ったときに地下鉄で聞こえてきた言葉。
「マイザギャッ」
それが、降りたい駅の一つ前、「マイルエンド」にも聞こえ
せっかく降りたい駅「ボウロウド」についても一瞬降りるのに躊躇させてくれたり。

よくよく聞いてみると「マインドザギャップ」でした。
つまり、お足元にご注意を、ってことね。

へぇ。英語ではこういうんだ、って思っていたら
NYでは「ウォッチユアステップ」じゃないですか!!
ってのも、ももちゃんに教えて貰ったくらい、NYでは
英語が聞き取れなかったんだけれど(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

そう言えば、地下鉄も

ロンドン→チューブ(アンダーグラウンドとも言ってた)
NY→サブウェイ


と、 違うのね。ロンドンでサブウェイは地下道だったな。

因みにお仏蘭西はメトロ、だわね。←それは言語が違う

★乗り物

タクシーってのも違ったな。
英→タクシー
米→キャブ


そうそう、バスも違ったよ。
英→(たぶん長距離バス)コーチ
米→バス




★予約で

エゲレスでは「ブッキング」だったけれどNYでは「リザーブ? リザ…?」
なんかそんな表現。
エゲレスでは自分でやってても、NYではももちゃんがいたので
いろいろ危ういですwww
リザベーションって言うそうです。ミネコが教えてくれました。

芝居のチケット売り場や電車の切符売り場も
英→ブッキングオフィス(またはボックスオフィス)
米→チケットオフィス(またはボックスオフィス)


だった。

あ、あと名字が
英→サーネーム(なんかかっこいい!)
米→ラストネーム(いつもファーストネームとどっちがどっちか分からなくなる)



★お持ち帰り

エゲレスでは「テイクアウェイ」。私、テイクアウトは和製英語で
ちゃんとした英語はそう言うのかと思っていたら
アメリカでは「テイクアウト」「トゥゴー(to go)」だそうです。
(大抵使うのはto goだとか)
因みに、日本では最近やりづらい、残りをお土産にしたいときのお願い方法は
「ラップ」っていうみたい。
包んでちょ、ってことか。


★お店で

街を歩いて気づいたのは、
エゲレスでは、「ショップ」って書いてあるのが多くて
NYでは「ストア」って書いてあるのが多かった。
これは単純に規模とかの違いなのか
表現の違いなのかはわからない!!!



★ビルヂング

エゲレスでは「グランドフロア」だったけど
NYでは「ファーストフロア」って書いてるのもあった。
でも「グランドフロア」ってのもあったな。
違いは何?


あ、エレベーターも違った!
エゲレス→リフト
メリケン→エレベーター



★いもが違う?!

芋文化もうイヤ――(゚∀゚)――!!
って思っていたんだけれど、それが
「チップス」「フレンチフライ」「クリスプ」
もうどれがどれだか。
クリスプはロンドンでみかけた。フレンチフライはNYで見かけた。
チップスはどっちでも見かけた。

でも、頼む程興味ないので詳細は不明なまま。

※イギリス在住Megちゃんからの情報です↓
 フレンチフライは日本で言うフライドポテトね。皮なしの細いやつ。クリスプはポテトチップス。
 チップスは皮付きのポテト。ちなみにイギリスでもフレンチフライは売ってるのだー。
 フレンチフライはもともとベルギーだかどっかが発祥と聞いたことがあったんだけど、
 アメリカが本当だとか。。。


★電話とかもう

これ、日本で考えると面白いなって思ったのが
エゲレスでは携帯を「モバイル」
NYでは携帯を「セルラー」っていってて
ほー、こんなんも違うんだ、って思ったよ。

★住まいも違う

ちょーなんかかっちょE! って思ったのが
エゲレスのアパートのことを「フラット」って呼ぶの。
なんかオサレな感じがする(●´艸`)ウシシ
一方NYは「アパートメント」。日本はアメリカ英語ですな。
でも、フラットってかっこEからこう呼べば(・∀・)イイ!!

不動産屋とかで「flat 築30年和室 昭和●年 バスなし」とか
アンバランスで笑える。

★もちろんフッボーもね!!

これはもう、私たちにはおなじみだし、Megちゃんの旦那さんPくんも
言っちゃうけれどね。
英「サッカーって言わないで! フットボールだから!!!」
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

発祥の地に倣いましょう♪

てなわけで、エゲレスはフットボール、メリケンはサッカー
因みに、エゲレスは0点の時は「ニル」メリケンは「ゼロ」です。
引き分けはエゲレス「ドロウ」メリケン「タイ」です。
これは試験に出るので覚えておきましょう。

★えっ、そう言うんだ

エゲレスで「ラブリー」って言うのが
すてきね〜ってことだと知って、さらにそれは
ありがとうという意味もあると言われてびっくらした。
オザケンはこっち派?!(笑)

メリケンは「ナイス」「グッド」ってのが多いよね。

バイバイってのもエゲレスは「チアーズ」
メリケンは「シー、ヤ」←このya、がなんかかっこいい。

 ★学校も

Megちゃんの家の近くに幼稚園があったんだけれど
「ナーサリー」でした。
メリケンは「キンダーガートン」だよね?(なんかシュワちゃんがやってた映画のタイトルだけど)



もうね、きっともっともっとあるんだろうけれど
私の耳や目に入ってきたのはこんなかんじ。

でも一番違ったのは発音だな。

NYに行く前にMegちゃんが
「ロンドンとNYでは聞こえてくる英語が全然違うと思うよ」
といわれ、そうはいっても違い分かるほど英語できないから〜、
なんて思っていたんだけれど……


全然違う!!!

面白いねぇ。
これって東京語と大阪弁の違いとか
そういう感じなのかなぁ。

そんな新しい体験もできました◎

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    ki84
  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    うつみ

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM