さて、ウィーン二日目。朝食はレストランで!
 
 
ヨーロッパのチーズはおいしいから大好き◎


ってなわけで、私はチーズとハムばかり
Megちゃんはお野菜もちゃんと、という
女子力の違いを……orz
 

朝食後はトラムに乗って市街地へ。
泊まったホテルの目の前にある西駅から
トラムで中心へ移動します。
ウィーン市内に走るトラムの種類は35種類もあるのだそう。

駅の自販機でチケット購入。ここで買うと2.1ユーロで
トラムの中で買うと2.2ユーロ。地味に違う。
JRでも車内でグリーン券買うのと事前に買うので
値段違うけど、そんな感じかな?
一日券は7.1ユーロで買えます。




かわいい〜。
トラムってつまりは路面電車。ちんちん電車。
都電荒川線なわけよ。

なんだ、いきなり庶民的な響き。

駄菓子菓子!(古い)

トラムっていえばかわいくなるのです!!





だんだん近付いて来る!

 


車内はこんなかんじです。
バスと電車の間の子ってなところかな。



ところで。
ウィーンってドイツ語なんですよ。
ドイツ語ってアルファベット似てるけど
まったくわからない!!!

つまりですね。

 

迷った!!!!


いえ〜い!!

どうやら思っていた方向ではないところに向かっている、
というところまでは理解した私たち。
適当に降りて、すれ違うトラムの番号を探し乗り換えます。

で、どうにか乗り換えて車外を見ていると



うおおおおおおおお! なんかきれい!
これ、どうやら国会議事堂だった模様。ギリシア神話で
正義を司るアテナの像が手前にあります。
事前予約すれば議事堂内を見学(有料)することもできるそうな。


きれいだし降りよう!
という安直な展開で降りたんだけど、それが結果的に大正解!
その目の前の公園からホーフブルク宮殿へとすぐに行くことができましたん。

公園は「フォルクスガルテン」というそうで、和訳は「市民庭園」。
 

市民庭園と市民公園って何が違うんだ? たぶん一緒だよね。
なんかそうなると一気に親しみがわく!

さて。


さてさて。


よござんすか?


よござんすね?




ババーン!!!





ちょっと遠景すぎだね。
改めて……


ババーン!!!



すごい!
ハプスブルグってかんじ!
でかすぎて写真に入りきりませんよ奥様!
ハプスブルグ!!(言いたいだけ)


 

敷地内をうろうろし、そのでかさを満喫。
なんか中を見学できるみたいなんだけれど、
チケット売り場が長蛇の列!

並ぶのキラーイ!

な、Megちゃんと私。
そこまでして見なくてもヨクネ? という日本人観光客にあるまじき
テンションで王宮内部はパス。

王宮の敷地内を地味に馬車に乗ることもできるみたいで
二頭立てのオープン馬車がちんたら歩いてました。
でも王宮の表側の端から端までなので
割と短い区間。あれ、楽しいの……か……?

さて、王宮の内部を見るのをやめた私たち。
とりあえず近くにある通路を行くと、ちょっと覗き見ることのできる
ドアが開いている!

ちょろっと行ってみると──。



なんか学校の廊下みたい(笑)

よくわからなかったのですぐ出てきましたw

そんで裏側の庭園へ。そこはブルクガルテン(王宮庭園)というそうな。
建物でかいなー。ひろいなー。





私がどこにいるかわかります?



ココ!!


でかさ比較してみてください(笑)

このお庭、建物を背にして見ると
何段かの石段の下に、お手入れされたたくさんの木々があって
なかなかにきれい。



階段のところについていた像。ヨーロッパって感じ!

庭園から宮殿をパチリ。




バラと芍薬のあいだみたいな
でっかいお花も咲いてました。
あと日本ぽいお花も。

 

 

さて、宮殿を出た私たち。
今度は夜の音楽会チケットを受け取りに
学友会へと。
の、道すがらなんか撮影しているところに遭遇!



すごい!
ウィーンの街と昔風のドレスがマッチしていて
ちょっとラッキー♪

ところで、撮影スタッフの一人がきていたTシャツに
漢字が書いてありましたwあ奴フランス人か?!(偏見)

 

そこから学友協会まで行ってチケットを受け取り、
ホテルザッハーへ。


そう!


ザッハトルテを食べに!!!!



ホテルザッハーで出すからザッハトルテっていうのね。
知らなかった〜。へー。

 



おしゃんな店内!

 

おしゃんなめぬー!



おしゃんなザッハトルテ!

お味は……。

あっ!


あっま〜〜〜い!!


 

 


\\ さすが西洋のお菓子ですね!!! //

 

そこから、今度はオペラ座へ。
何やら行列ができていた。
並ぶのが大嫌いな二人ではありますが、列動いてるし
そんなに待たないかな? と碌に確認もせずに並ぶ。
で、あとでわかったんですがどうやらウィーンオペラ座の見学って
ツアー見学のみらしく。
それがちょうど始まるちょっと前だったみたい。
まぁせっかくだし、ということでチケット買って待機。

待っている間に私の大好きな顔ハメ(ちょっと響きが卑猥)があったのでやってみた。


裏に台座があるんだけど
チビのため顔の位置があわないwww


ぱしゃりとした後は
周りの人が顔ハメの使い方を理解したのか
それまで誰も写真撮っていなかったのに
いきなり長蛇の列。
なんだ私ってば招き猫じゃないか(調子に乗ってみた)


見学ツアーはいくつかの言語が用意されていて、
まさかの日本語も! ラッキー♪

さぁいよいよガイドさん登場!
日本人かな〜って思っていたらまさかのオーストリア人!!

各言語で、それぞれのツアーがぶつからないように違うルートで
案内をしてくれるのはなかなか良かった!
あと、日本語ツアーは基本的に話者が日本人だけなので
(英語とかスペイン語だと話者が多い)
人数も少なく、なんとなく修学旅行の個別グループ行動みたいでした( ゚∀゚)ノ


 


ガンガン写真撮るよ!

 


ウィーンは第二次大戦では多くの悲劇が生まれた場所。
空襲でこのオペラ座もたくさん被害をうけたそうな。

そこから復活させていったそうで
古いままの場所と、復旧した場所があります。

 

右側は絵ではなく、ゴブラン織り!

オペラ座は1869年(明治二年)5月に完成。明治二年五月といえば、日本では箱館戦争最後の戦いのさなか。
その詳細はここでは無論譲るとして(当然だ)まぁ時代背景はそんなあたり。

で、このオペラ座は二人の建築家がかかわってるんだけれど
どうやら当時あまり評判が良くなかったみたいでね。
当時の王様だかなんだかも、えーちょっとこれは……的な反応だったんだって。
それはそれで酷いな……。

それを気に病んでしまい結局二人とも自殺。切ないねぇ。
でも、今では立派に市民に愛されるカネヅル観光名所となっております。



皇帝? 王様? が来た時のお部屋。
壁紙には紋章が。これ、全部ゴブラン織。約500ユーロ(1ユーロ140円で七万)だか払うと
この部屋今使えるらしいよ。
幕間の20分だけ……!
高いか安いか……。

 

ドアノブとかも王家仕様で象牙です。
壁もゴブラン織り。

当時は舞台を見るというよりも、社交的な役割が大きかったそうで
誰が誰と来ているか、とかチェックしやすくなってたそうです。
 

左側客席の二階席。広く開いている場所がさっきの
王族のお部屋。その下はなんと立ち見席だとか!

 

バックツアー付き!
舞台裏はどこの国もかわらないねぇ(◜///◝)


さて、オペラ座見学を終えた私たち。
次は、ももちゃんがおすすめしてくれたお店でランチをすることに♪

道すがらお花屋さんをパチリ。
いろんな国に行くたびにお花屋さんをパチってるけれど
本当にその国で雰囲気が違って面白い!




すぐ近くの本屋さんを二人でのぞいてみて
その通りを本屋さんを前にして右へと緩やかな坂を下ると、
グラッシュムゼウムというお店に。

 


グーラッシュという郷土料理のお店。グーラッシュってのは所謂煮込み料理のことで、
ハンガリー発祥のシチュー料理だそうだ。
肉を入れて煮込んであとは何でも入れて良いらしい。

海外では珍しく写真付きのメニュー!



これまた美味しい!
そして相変わらず量が多いw


満腹になった私たち。
そこから今度は腹ごなしも兼ねて
教会をめぐることに。

有名なシュテファン大聖堂
 

 


中央部分は有料で
その周りは無料でまわれます。


フラッシュ使わなければ撮影OK。
 



中央に大きな磔刑のキリスト像がさがってました。

ロンドンのウエストミンスター大聖堂でも見たけれど
なかなかに夜とか見たらアレだよねw

聖堂の真ん中には天井のステンドグラスから光が……
光が──ひかり……


照明だったーーーーっ!!

なんという! なんという演出!!!(笑)



そこをふらりとでて今度は聖ペテロ教会へ。
中ではちょうど子供たちのクワイヤコンサートみたいのが
行われていて、天使の歌声を満喫♪

考えたらウィーン少年合唱団の本国だわね、ここ!
 
 



教会の中をじっくり見学。
ハプスブルグ家ということは、つまりローマカトリックということ。
カトリックはマリア信仰がびっくりするくらい盛んです。
教会の中では、イエスにとって代わるくらいの勢いで
祭壇に描かれていたりもする。

教会に入って、メインに近い場所にマリア像や
マリア絵がある場合、たいていカトリックです。
※プロテスタント・聖公会(英国国教会)東方教会に於いては
マリアは聖母もしくは生神女(東方教会)と呼ばれ、聖日に祈りを捧げられたり
崇敬される立場ではありますが、神格化はされていません。






教会の前にも馬車イタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


お利口さんで待っています。
これあれだ。
なんか見たことある景色だと思ったら
浅草浅草寺前の人力車と一緒だw






閑話休題。



さてそこから今度は近くにある小道を散歩。
と、「エンゲル薬局」という看板が。
私「あれって観光本に載ってたお店かね?」
Meg「そうかも? いってみる?」
ちゅーわけで近づいてみる! がそこは裏だった!!!

表にまわったら……




アッタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


Engel Apotheke。エンゲル薬局。エンジェルってことなのかな?

なんでもこの壁画が有名らしい。
これってテンペラ画なのかな?
どうやらウィーンで最も古い薬局だそうです。

とは言え、別に薬局に用事はないので、
写真撮ってしゅーりょー!


そこからさらに散歩をして
ふらふら歩くと
チョコレートが有名なキャッフェなどが続く。
でもどの店もお客さんが多くて……。
休憩したいけれど並びたくはない! という私たち。
ふらふらしながらお店を探します。

途中Megちゃんが靴が欲しいというので
靴屋さんを見かけるたびに入ってみたり(´∀`*)


と、そんな中ポツリポツリと雨が。
うわぁっ! どっか入ろう!
あ、そこにキャッフェってあるよ!
てな具合でたまたま入ったお店がコチラ。
 

思いの外素敵な店内に
ラッキ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!


 

せっかくウィーンに来たので
ホットチョコレートを注文してみた♪





ここでしばらくまったりしたら、
再び街歩き!
ウィーンの街はとっても小さいので
すぐにぐるりとまわれます。


んで、お夕飯の時間になったので
お店へGO!
なんか食べてばっかりだけれども(笑)


じゃんっ!

Plachutta(プラフッタ)

このお店は割と人気で予約がなかなかとれないらしい!
Megちゃんの伝手で予約を取っていただきました♪
ありがたや〜ぁ ありがたや!



このお店、ターフェルシュピッツってのが有名らしいです。
ターフェルシュピッツってのは要するに肉の煮込み。
なんだ煮込み料理ばっかりだな。寒い地域だからなのかなぁ。

牛の煮込み料理らしく、皇帝フランツ・ヨーゼフ一世の好物だったそうだ。

そんでそれの付け合せをチョイスできるんだけれど、
レバーが美味しいそうで。
Megちゃんが会社の人に聞いてきたメニュー
(ドイツ語だから二人ともよくわからないのだ)を
なんとか伝えようとすると、ボウイがレバーは今日はないんだ、と言う。
英語で言ってくれたので、Megちゃんが対応。
以下二人の会話
店員「レバーがないのですが、おすすめはパンケーキです」
Meg「パンケーキ?!」
店員「ええ、パンケーキ」
Meg「パンケーキですよね」
店員「そうですパンケーキです。おすすめです」
Meg「……じゃぁそれで」
店員「(にっこり)かしこまりました」
私「パンケーキ?」
Meg「なんか、レバーがつけあわせでおすすめって言われたから頼んだの。
そしたらレバーが今日はないけど、代わりのお勧めがパンケーキだって」

私「パンケーキ?」
Meg「そう……」
二人「????!!!!??!?!」

謎のまま料理を待つ二人。
やがて届けられた料理を順次食べていると、
隣の席にいたファミリーが、食べ方を教えてくれた!
骨みたいなものに入った油の塊。それはパンにつけて食べるらしい!

ほっほー! そら知らなんだ!


そしてついに!
パンケーキ登場!!



店員さんが取り分けてくれます。



まさかこれが……パンケーキ?

見た目は錦糸卵みたい。
なるほど。私たちのイメージしているパンケーキと違うのね。
じゃあ甘くないのかも!

……甘かった!!!



でもパンケーキの甘さと
スープのしょっぱさでバランスが良い!
こりゃ美味しい!





なかなか満足のいくお食事でした♪


さて、そのあとは学友協会で音楽鑑賞。
この学友協会。



見たことありませんか?

え? ない?
そりゃ失礼。

のだめカンタービレの千秋先輩が
演奏した会場でっす。


なーんて、私もMegちゃんに教わって気づいたんだけれどもね(笑)

ここの学友協会。
良い席は割と早いうちに売り切れちゃってたんだけれど
なんと毎日スタンディング席が日本円でだいたい二千円くらいで
売り出されています。
ウィーンにいるんだから音楽聞きたいし!
ということでスタンディングでも良いから行こう!
あわよくばキャンセル出てたら席を買おう!
そういう算段でした。

まぁキャンセル出てなかったんだけれどもねー。

そんで、食後私がのんびりしていると
やたらMegちゃんがせかすの。どうしたのかなー。
まだ2時間あるよーって思ってたら……


私の腕時計、止まってた!!!!


なんということでしょう。


そんなわけで時間がないので小走りに。
でも途中でベートーヴェンの像があったのでパチリ。



心に余裕は忘れないっ!

あと、イギリスとかでもあるんだけれど

なんで道路に体重計があるの?!



学友会とうちゃ〜〜っく!

さて中に入ろうとしたら、
コートをクロークに預けるように言われました。
預けに地下へ行ったら、なんと有料!
お、おう……。
(たぶん良い席とかだとチケット見せたら無料とかに
なるんじゃないかなぁ。勝手な想像だけれども)



改めて、立ち見エリアへ行くと、もう前の方はがっつり
背の高い外国人で埋まってる(´・ω・`)

で、私たちは諦めて、音楽を楽しむ方向に転換!
一番後ろの壁の部分(とは言っても立ち見の一番前とは数メートルくらいしか
離れていない)で座り込むことに。
(周りも皆座ってた)

そこでついに!!!




私の時差ぼけ発動(笑)
良い音楽を聴きながらうつらうつらする私。
適度に音楽を聞いたら、ホテルに戻ることにしました。


夜のウィーン。
 



とても安全な街でした。
トラムで途中まで乗っていき
それっぽいところで降りて歩きホテルへ!

言葉がわからない割に
なかなか良い感じにホテルに戻れたと思うの!!!

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    ki84
  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    うつみ

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM