今日はMegちゃんとお出かけ〜♪
の、予定だったんだけれど、生憎体調不良になってしまったので
一人でお出かけすることに。

元々連れて行ってもらう予定だったコルチェスターへ
ふらりと向かうことに。

さてコルチェスター。スペルはColchesterです。
この街はイギリス(正確にはブリテン諸島)でもっとも古いとされる街(自称)だそうです。

チェルムスフォードの駅からは
ロンドン中心部と逆方向に乗っていきます。



チェルムスフォードの駅。こちらは裏側です。

駅まで行ってさてチケットを買おう! という段階で問題が……。

コルチェスター駅とコルチェスタータウン駅の二つがある!!!

うえええええええええどっち!
どっちなの?! どっちの料理ショウ
(関係ない)

というわけで、あわててMegちゃんに電話をし
コルチェスタータウンの方が近いみたいと判明。
コルチェスターで降りる場合は、そこからバスで移動だそうです。
値段はどちらも同じなので、だったらコルチェスタータウンまで
出ちゃったほうが良いね。

チケットを買ってホームに行くと、
タイミング良くコルチェスタータウン行きが。



ラッキー♪

そこからだいたい20分ちょいでコルチェスター駅。
あら近い!
さて次がコルチェスタータウン──と、思ったら
そこからが長かった!

距離が、というよりもスピードが急に落ちた!
支線に入り、急カーブがずっと続くのが理由。
なんとたった一駅なのに5分以上もかかってしまいました。



その間に車窓から見た景色〜。田舎町って感じだね。すてき。


で、降り立ったコルチェスタータウン!




もうね、空気が違うの。
ちょっとうまく言えないんだけれど。



こちらはプラットフォームに立っている駅の看板(?)
良く見ると……。



More thanBritain's oldest recorded town.
って書いてある〜〜〜◎
俺たちゃ一番古い町〜〜〜Hey hey hey〜〜〜♪


それではさくさく街の探索にでかけよー! おー!!



こちらは駅前。特に改札もなく、そのままプラットフォームに続いているよ。

駅を出て目の前の通りは割と車通りが激しい!
まずはインフォメーションセンターを探して
街の地図なりなんなりをゲットしないとな〜と思っていると
右手に何やら地図が!

見てみるとインフォメーションセンターを示す
『i』のマーク♪
地図をじっくり見てなんとなく街の形を頭に入れたら
いざ出陣! 鎌倉じゃああああ!
おやかたさまあああああああ!



……コホン。


右手の緩やかな坂を上っていく。
と、左手に何から小道がたくさん!
私の悪い癖で、どうにも路地に入りたくなる。
まっすぐ行けば良いのはわかっているのだけれど
とりあえず小道優先!
ずんずん入っていきます。

 
小道をあがるとアンティークショップやら
田舎町の洋品店的な店やらが並んでいます。
またしても小道があったのでそこを右へ。



パン屋さん発見♪
そういえば小腹が空いているし、ということで
お店でおいしそうなパンゲット。

お願いして写真を撮らせていただきました◎

 

パチリ。
素敵な笑顔をありがとうございます!!


食べながら街歩き〜〜〜。

パン、美味しい。

パン、甘い。

パン、甘すぎて……飽きた……orz


そこからさらに右へ。
なんだかワイワイ楽しい感じに。大道芸人的な人がいるぞ〜。
道なりに曲がっていくと、おっ、マーケット!
本当にイギリスはあちこちでマーケットしているなぁ。

そこをちら見しながらちょっと気になる路地をさらに進むと
大通りに。

出た角のカフェが何やら素敵でした。



ぐるりと見渡すと何やら立派な建物があるので
ちょろっと近づいてみることに。



う〜む。なんだろう。
前まで行ってみたものの、中に入って良いのかわからない……。



とりあえず先にインフォメーションセンターへ行き
いろいろ教えてもらうことに。

頭の中の地図を引っ張り出し
その場所からぐるり180度。
僅かに傾斜のかかる道を下ります。

途中アンティークショップがセールしていたので
覗いてみたり。

ゲームセンターなのかパチンコ的なものなのか
良くわからないけれどゼウスさんが……。



どこの国も似た感じだなぁ(笑)



何やら素敵な教会(´∀`*)


んで、インフォメーションセンター!!!!



ん?



んんんんんん?!






売り払われているっ?!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工



しょ、衝撃……。

仕方がないので、通りを挟んで隣にあるお城の方へ
行ってみることに。




入り口の方を見てみると……。



あれ? Informationの文字。
移転してたwww




お城とその敷地の公園の入り口。

 

藤の花が美しいんだけれど、どうにも藤の楽しみ方が
日本とは違う。
こう、わさーっとしているのね、こっちは。
日本の、藤棚を作って、刈り込んで、
引き算の美というものがまったくない。
こういうとても身近な部分で、その国の人の美意識の方向性というか
何を以て美しいと思うかという部分が見えて面白い。

 

これ、そのまま日本の庭園とイギリスの庭園の違いにも
あてはまるんだよね。
どちらが良いとかではなく、国民性というか。
面白いなぁ。

さてお城



私たちがイメージする西洋のお城(ドイツの例のあのお城みたいなw)とは
少し違うけれど、こういう形もイメージするっちゃあするよね。

そして、お堀にかかる橋にあった弾幕を見るに、
ちょうど今日からリニューアルオープンだったみたい!
ラッキー!!!



中に入ってみます。

入館料は7.5ポンド。少し高い(´・ω・`)

中はコルチェスター城の歴史を知ることができる
ミュージアムになっています。

 

 

 
一階を全部見たので二階へ。
で、いろいろ見ていると──

 

RPGキタ――(゚∀゚)――!!

最初声をかけたのに気付いてもらえなかった(´・ω・`)
必死で声をかけていたら
近くにいた人が見かねて、この兵隊さんに声をかけてくれた!

そんで写真撮らせてもらったよ(∀`*ゞ)





満足して再び展示スペースをぐるり。

 

中、結構広いです。
ぐるりと回ると……。




またイタ――(゚∀゚)――!!



しかも増えてル――(゚∀゚)――!!


これ絶対、10回以上話しかけないと本当のこと話してくれなかったり
村のダンジョンで小物倒してからじゃないと
秘密を語ってくれない系だよねwww



ここの建物、下の階へ別のルートで行くと……

 

な、なんだか怖い((´д`)) 

背筋がぶるっときたのであわてて
元のルートに戻りました。


コルチェスター城は13世紀から数世紀の間、刑務所や
捕虜を閉じ込めておく場所として使われていたらしいので
なにやらそういうのも……?!
英国人はゴースト大好きなので、
もしかしたらここにもゴーストが出たりするのかも(笑)

お城から出たら今度は……
続くっ!

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Link

読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    ki84
  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    うつみ

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM