ついに英国を離れる時が来ました。(大げさ)

この日はアーリーメイバンクホリデーという
イギリスのお休みの日だそうで、Pくんが空港まで
車を出してくれました! ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

朝は私の大好きなクランペットを。

 
本当にあっという間についてしまった!
車で15分? 20分? ってくらい! ちか〜い!


というわけで、Megちゃんのおうちから
ほど近い空港『ロンドン・サウスエンド・エアポート』へ!
しかし……。

小さい空港と聞いてはいたけれど、
本当に小さい!


扱いエアも、EU圏をまわるLCCばかり。
でもそのおかげで、チェックインとかあっという間!!





最後にパチリ。
本当にお世話になりました!
また遊びにくるね〜〜〜(´∀`*)

これに乗るよ!




さて、セキュリティチェックを通り、
待合スペースへ。
いよいよ搭乗!

ここを通って

こうして歩いて
 
 
 

こんな間近で写真撮れちゃう!


ロンドンとアムスは時差一時間!
飛行機もこのサウスエンドからは目と鼻の先で
一時間とかからないくらい!
羽田〜伊丹くらいの距離なのかな?



機内誌にあったんだけど……たこ焼き?!

そんなこんなであっという間に
アムステルダムはスキポール空港に到着!!


トランジットで二週間前に来ているから
なんとなく勝手はわかっているけれど
本当にきれいな空港だ〜〜。



預け荷物を受け取ったら電車でホテルへ。
と、空港から直接エスカレーターを降りて
ホームに。
が、どこにも券売機が見当たらない!
うわ〜、電車来てるけどチケット買えないよ!

慌てて近くの駅員さんに、チケットはどこで買えるの? と確認。
どうやらこのホームに降りる前の場所で売っていたらしい。
( ゚Д゚)ウヒョー


とりあえず一度戻り、チケットをゲット。

 
この機械が券売機。

乗り放題のチケットが欲しかったんだけれど
聞くとそれは私鉄のものだからナショナルレイルのこの駅では
買えないのよ、と教えてくれた。

この情報を得るまでに
あっちこっちの窓口に並んでヘロヘロ。
どうにか納得し、チケットを手に入れたので近くのエスカレーターから
ホームへと。

が、このホームで良いのか?!

ろくに確認もしないで適当に降りてきたことに気づき
近くにいた人に聞くと、
「向こうのホームに、二分後に来る電車に乗りなさい。いいね、二分後だ! 急げ!」
なんて親切に教えてくれた!
お優しい!

何度もお礼を言って、大慌てで移動。

εε=ヽ( `Д´)ノ イソゲー


大慌てで移動したせいで、なんと
生の酸漿おとしちゃったよおおお><



ゆっくり食べようと思ってたのに……

ワタシノホオズキサマ(´・ω・`)



ともあれ、どうにか乗り込んだ中央駅行きの電車。
ほっと一息ついて座っている私の前に
なにやらそわそわしているアジア人。

「この電車中央駅いくの?」

周りの人に必死で聞いているみたい。

彼「どこにいきます?」
私「中央駅だよ」
彼「良かった。僕もなんです。どこの国の人?」
私「日本人です」
彼「僕はタイ人。日本三回くらい行ったことあるよ」
私「そんなに?!」
彼「すごく好き」
私「ありがとう! 私もタイ行ってみたいんだ」

そんな会話をしていたら、
私の隣に座っていた女性が降りるときに
「次の駅が中央駅よ」
なんて教えてくれた!

おおおおお、まだこの国ついて少しだけだけれど
親切な人多い気がするぞおおおお(´∀`*)


そんなこんなでアムステルダム中央駅に到着!
タイ人の彼とバイバイしたら、ホテルに向かうべく地下鉄に。
入り口を必死で探し、どうにかエレベーターを見つけたので
(エスカレーターが見つからない!)
それに乗りこんだら、衝撃の……



臭い……



おトイレの小のにおいです。
誰だこの中で用を足したやつ!!!


必死で我慢してようやくエレベーターを降りたら
すぐに改札機で券売機がまたしてもない……orz

動揺している私を見つけた駅員さんが
ホームの方から声をかけてくれました。

「どうしたの?」
「チケットはどこで買えるの?」
「地上に販売所の建物があるよ」



……OH!



また、あのエレベーター、乗らないといけないのか……(´・ω・`)




地上に戻り、エレベーター乗り場の後ろの方にある
建物へと。
そこがまた、階段だけというありえなさ!!!

この国はバリアフリーについて
どうお考えか!!!


と言いたくなるくらい、どこに行っても不便でした。
本当に日本は旅行者にとっても便利な国なんだなぁとしみじみ。

で、えっちらおっちら抱えながら階段を上り、
どうにか一時間チケットを2.6ユーロで。

 


しかも駅を一駅間違えて一度降りてしまった。ばかめ!
焦るのは良くないなぁ、なんてしみじみ思いながら
目的の駅で降りて近くにいた駅員さんに声をかけてみる。

私「このホテルに行きたいんだけど、どの出口?」
駅員「ああ、ホテルアリーナね。トラムで一駅乗ると目の前だよ」


えっ、有名なホテルなの?!

地下鉄の一時間チケットはトラムも有効なので
言われたとおりにトラムに乗ってみた。

 

アムステルダムのトラムのうち
新型のものには、有人のチケット窓口が併設されていて
そこでチケットを買うこともできます。

私は持っていたので見せるだけ〜。

一駅で降りてみたものの、イマイチ場所がよくわからない。
住所を頼りにそれっぽい方へ歩いてみると……




アッタ――(゚∀゚)――!!





ホテルアリーナです。




ヒャッハ――(゚∀゚)――!!


すっごく素敵じゃないの!!
一気にテンションがあがる私。


 
 
 


すげええええええこれすげえええええええ
おしゃんだよ! すてきだよ!!
ここにして正解だよおおお!





階段も絵になる……



客室の入り口にまずカードキー。
もちろん各部屋の入り口もカードキー。


真っ暗だけど、中はうっすら灯りです。
これ客室の入り口入った所。
この通路の中に個室があるの。

セキュリティしっかりしてる〜♪
と、思っていたら、なんと四つ星ホテルでした。

知らないでとった宿だったけれど
大正解♪




部屋も広くて素敵〜〜。


さて、荷物を置いたら、アムステルダムの散策に
でかけましょうか!!!

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    ki84
  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    うつみ

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM