<マダムレッドとグレルを探して>

マダムレッド編は、切り裂きジャックをモデルにしているので
実際の現場を追跡してみたいと思います。
※最近は治安が良くなってきていますが、
このエリアは基本的にロンドンの中でも
治安が安定しないエリアです。
気を付けてください。


■第一被害者 メアリー・アン・ニコルス
Bucks Row(現在のDurward Street)
巡礼2でも書きましたが
坊ちゃんがアズーロに誘拐された場所もこの通り。
Durward StreetはWhite Chapel駅、ロンドン病院の裏手側です。
彼女はなんとワークハウスにも暫くいたことがあるそうです。

■第二被害者 アニー・チャップマン
Hanbury Streetの29番地。Hanbury Streetは
リバプールストリートのOld Spital Marketのすぐ近くです。


現在は多目的スペース「Old Truman Brewery」の一部です。
この建物の地下倉庫にアニーの亡霊が出ると言われています。
ひゅーどろ……

■第三被害者 エリザベス・ストライド
Berner Street(現在のHenriques Street)。
White ChapelよりもAldgateの方が近いですね。
小学校のすぐ近くです。


■第四被害者 キャサリン・エドウズ
Mitre Square。こちらはまさにAldgateの駅のすぐ脇。
こちらも小学校のすぐ近くw
キャサリンの亡霊は9/30の命日にここに横たわって現れるそうです。
ずっといる訳ではないんだねぇ。
泥酔で拘置所に入れられていて、出てきたところを殺られたらしい。
ううむ……。


■第五被害者 メアリー・ジェーン・ケリー
唯一室内である本人のflat(ミラーズコート13号室)で殺された被害者であり、
かつ、唯一若くして殺された被害者でもあります。
場所はクライストチャーチ
すぐ横(Commercial streetとDorset Street(現在のWhite Row?)の角)


そして彼女を殺した後、グレルは
セバスチャン達と立ち会ってしまうわけです。


The Ten Bellsという名前のPUBがこのコマーシャルストリートにあります。
メアリーが良く利用していたPUBで、
一時期は「Jack the Ripper」という名前で営業をしていたことも
あったそうでw
今でもメアリーだかジャックだかが亡霊として現れるとか現れないとか……。

ところで、切り裂きジャックのジャック。
これはジャックという名前ではなく、日本で言う処の
名無しの権兵衛的なニュアンスで使われます。


セントパンクラスの屋根
グレルとセバスチャンの月に誓って、のシーンは
セント・パンクラスの駅舎の屋根だそう(ヒロミさん情報)

この尖塔のあるレンガの建物が
King's Cross St.Pancras駅です。

行き方:King's Cross St. Pancras駅
(Circle line/Hammersmith & City line/Metropolitan line/Northern line/Piccadilly line/Victoria line)下車


おまけ
■アバーライン警部
切り裂きジャック事件とその後の売春宿(同性愛者相手)の摘発(1889年)に
史実上関わった警部です。
後者の事件を共に調査したのはハンクス巡査。
こういう符牒合わせが楽しい黒執事(◜///◝)
(ささこさんアドバイスありがとうございます!)



■モンタギュー・ジョン・ドルイット
切り裂きジャックの正体の一人と目されていました。
医師で良家の出。性的嗜好に偏りがある。
……と、1959年に元警視総監のメルヴィン・マクノートンが残したメモが発見されたのです。
が、そのメモが信ぴょう性に足りないという事が
その後の研究で明らかになります。
そもそも、ドルイットは医師ではなかったとか。
オイオイオイオイそこかよ! 
と、突っ込みをいれたくなるがw弁護士だったそうで。
因みに性的異常者、とマクノートンは書き残しており、
それは当時彼がゲイであるという噂が原因で弁護士を罷免されていることから。
酷い話ですが、19世紀のキリスト教の国では仕方がないですね……。

で、なんでこの人を取り上げたかってあれですよ。
単に名前がドルイットだったからwww
ドルイット子爵のモデルの一端ではないかな、と。


黒執事聖地巡礼的なあれやこれ その1
黒執事聖地巡礼的なあれやこれ その2
黒執事聖地巡礼的なあれやこれ その3
黒執事聖地巡礼的なあれやこれ その4
黒執事聖地巡礼的なあれやこれ その5

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    ki84
  • かたみわけ zabadakのこと。
    てんて
  • かたみわけ zabadakのこと。
    うつみ

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM